2010年04月01日

美豆って?おいしいの?

初めの頃はどれも似たり寄ったりにしか見えないコーヒー豆ですが、見慣れてくるとけっこうに違います。国(産地)によっても品種によっても、精製方法によっても違います。おおきかったり、細長かったり、丸っこかったり、ふっくらしていたりと様々です。

私の個人的なこのみですが、ナンバー1はハワイコナです。縦と横のバランスがステキですし、程ほどのふっくら感と粒ぞろいがよいのもポイントです。で味はいいの?ですが、これが実に上品な香りと酸味をもっており、おまけに絹のような舌触り、もうたまりません。

ちなみに当店では毎年1回だけ入荷します。(高いですから・・・)
4月の頒布会の豆はハワイコナです。(グリーンウェル農園)
お楽しみに!

ナンバー2はパプアニューギニアのシグリかしらん?どちらもティピカ種だなぁ。

まぁ見た目と香味(中身)は必ずしも直結しないけれど、よいにこしたことはないのです。

ただ東ティモールみたいにちょっと貧弱にみえても香味のすばらしいのもあるし、これもティピカ種ってことは自分の好みが単にティピカ種ってことなのかな?いやパナマ(エスメラルダ農園)のゲイシャ種は目が飛び出るほどよかったなぁ。(値段もそうでしたが・・・・・・)

posted by kakurenbou at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲豆の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック